FC2ブログ

台湾旅行、4日目

台湾旅行2010 121 台湾旅行2010 124
花蓮のホテルを後にして、 花蓮タロコ峡谷へ。 峡谷の白く見える岩は全部大理石なんですよ。 ここから切り出して、研磨して製品にするんですね。 台湾は大理石で有名なところです。右の画像は峡谷にかかる橋の入り口にある獅子の像です。これももちろん大理石で出来ています。 おじさんがさわっているのは、 足の下にある丸い玉。 触るとお金が入って来るそうな。 もちろん私も触ってきましたよ。
台湾旅行2010 126
この画像は大理石を研磨している工場の入り口にあった十二支の像です。 いかにも台湾らしい動物たちでした。
台湾旅行2010 129 台湾旅行2010 131
大理石工場の見学の後、昼食をとり、花蓮から電車で台北へ移動。 新幹線タロコ号1094便で約2時間、 それまではバスでしたのでこの2時間は楽でした。 車両は日本製で三菱重工が作ったそうです。(うん、 やっぱり日本製はすばらしい!)
シートは座席の前にスーツケースを置いても、 ゆったりと座れるスペースがありました。 観光客用に作られているんですね。
故宮博物院m 台湾旅行2010 188
台湾旅行2010 133
台北に戻り、一行は一路故宮博物院へGO. 私がこの旅行で一番行きたかったところです。 正面入り口でパチリ、 ぷーです。 残念ながら故宮博物院の中は撮影禁止。 右の画像は展示物の一つで翡翠で出来た白菜(買ってきた本より抜粋)19世紀の作品です。 元は紫禁城の永和宮に陳列されていた物だそうです。 故宮博物院での見学時間は90分。 少なすぎました。 もう少しゆっくりと見たかったです。 次回があれば今度はゆっくり見たいです。 残念。
下の絵の画像は、 故宮博物院のトイレの扉の内側にありました。 さすがですね。 ここで初めての経験のトイレについて、 台湾では下水道の設備があまり良くないために、 大きなホテルをのぞき、 こういった公衆トイレでは大小に関わらず、 使用済みの紙はそばに置いてあるバケツに捨てるようになっています。 トイレットペーパーもなくなっているところもあり、 持って行ったポケットティシューがとても役に立ちました。 元々ポケットティシューはあまり水に溶けないため、 日本のトイレでも流さないようにと言われていますね。 こういった事情は韓国や中国でも同じようです。 将来海外に行く予定のある方は、 頭の隅に置いておいた方が良いでしょうね。 ネットで調べるとこのような情報も詳しく載っていますよ。 
台湾ではどこの観光地でも、 日本ほどではありませんが、 概してきれいなトイレがほとんどでしたね。 和式がほとんどでしたよ。
台湾旅行2010 144 台湾旅行2010 146
夕食(台湾料理、一寸甘口でした)の後は台北名物の夜市へ。
東京上野のアメ横みたいでした。 ここではいろんな物が売られていました。 フルーツ、 牡蠣の焼いた物、 いわゆるゲテモノなど、 食べたらすぐに下痢をしそうな物が、 いっぱいでした。 手元に200元残っていたので梅のドライフルーツを買って、現地のお金はすっかり使いました。 残すところあと1日、 疲れていたのもありますが、 夜市は、 もういらない感じでしたね。 

*ポチッとね。 励みになります*
blogram投票ボタン


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ細工へ
にほんブログ村
*いつも応援ありがとう*










スポンサーサイト



line
プロフィール

ぷー

Author:ぷー
ビーズ作品を主に、色々な手芸をしています。

line
作品のオーダー
ぷーうさやブログにアップされた作品のオーダーなどをお受けいたします。 ご希望の方はメールでお知らせしてくださいね。
line
楽天
line
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
Amazon.com
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
FC2カウンター
line
フリーエリア
line
ブログランキング

FC2Blog Ranking

line
環境貢献 グリムス
line
リンク
line
月別アーカイブ
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブロとも一覧

COCOMIX ***ビーズDays***

゚+o。full of hearts。o+゚

ビーズ大好きゴンちゃん

手作り大好き (*^▽^*)

ちびうさ
line
QRコード
QR
line
RSSフィード
line
カテゴリー
line